おまとめローンに絶対通る!?審査落ちせず必ず借りられる方法

いくつもローンがあり、それぞれ引き落とし日が異なる場合、口座の残高が気になって何度も確認したり、残高が足りず何度も振り込んだりといった面倒な経験がある方も多いのではないでしょうか。

この場合、複数ローンを一つにまとめられる「おまとめローン」を利用するのが大変便利です。ただし、おまとめローンにも審査があります。

今回の記事では、おまとめローンの審査に絶対通りたい!という方のために、おまとめローンのメリット、デメリットや審査落ちしてしまう原因などを紹介します。おまとめローンを利用したい方は是非チェックしてみてくださいね。

おまとめローンとは?「総量規制」は関係ない?

おまとめローンと言っても「どういう仕組みなの?」とよくわからない方もいらっしゃるかと思うので、まずその仕組みやメリット、デメリットも合わせて紹介していきましょう。

「おまとめローン」とは、一箇所の金融機関から融資を受けることで、現在他社から借りている複数のローンをひとまず完済してしまうものです。

このため、おまとめローンを利用すると複数社から利用していたローンがなくなり、融資を受けた一ヶ所の金融機関にのみ返済することになるので、結果的に一つにまとまります。

「複数のローン」というのは2社以上です。2つ以上のローンがある場合、それを一つにまとめて返済することができるのが「おまとめローン」です。

おまとめローンは「総量規制」対象外!

総量規制という法律があります。これは貸金業法で定められている法律の一つで「お金を借りる際、年収の1/3以上の金額は借りられない」という法律です。

「おまとめローンでローンをまとめたら、年収の1/3を上回ってしまう!」と不安を感じている方も多いのではないでしょうか?

実は、おまとめローンは総量規制の対象外であるため、例えローンをまとめて年収の1/3を上回ってしまうようでも少々は問題ありません。

しかし年収に対して借入額があまりにも大きすぎる場合、審査に落ちてしまう原因にもなるので、注意が必要です。

おまとめローンを利用するメリット

それでは、ローンをまとめるとどのようなメリットがあるのでしょうか。

  • 支払日が決められた1日だけになる
  • まとめたローンは早めの完済で利息の節約になる
  • 複数の振込先に振り込みしていた場合は手数料・手間の節約に
  • 借金がまとまり大きい返済額となるため金利が下がる場合がある
  • 毎月の返済額が低くなり負担軽減できる場合がある
  • 個人信用情報の借入件数が書き換えられる

など多くのメリットがあるためとても便利です。それぞれの項目について、ちょっと詳しく紹介していきましょう。

返済日が固定なので安心!管理も楽

複数の金融機関から借入をしている場合「A社の返済日は月末だけど、B社の返済は月初めだ」など返済日が異なることも多いものです。

このような場合、口座にお金が用意できてなかったりして「引き落とせなかった、知らない間に延滞になっていた」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ローンを一件にまとめれば、返済日は決められた1日に定まるため、その日に決められた返済額を用意しておけば安心です。「返済できなくて催促の電話がかかってきた!」という事態も防げますね。

利息の節約につながる

まとめた複数のローンは、まとめることで早めの完済をすることができます。ずるずると長期間に渡る返済でかかってしまう毎月の利息を節約することができますよ。

ローンをまとめると、まとめた分大きな返済額となることも多いものですが、借入額が大きくなるとその分利率が引き下げられるため、まとめない場合と比べて、こちらも利息の節約となります。

利息分が節約できる、というのは「無駄なお金はなるべく払いたくない」という方には大きなメリットとなるのではないでしょうか。

月々の返済額が低くなることもある!

ローンをまとめると、毎月の返済額が低くなることもあるため「いつも返済するのが大変」という方も、返済をしながら自分の生活が安心して送れるようになる可能性が高いですよ。

信用情報の書き換えで新規契約で有利になることも

おまとめローンで複数のローンを完済し一本にまとめることで、個人信用情報では「多重債務」の記載がなくなり、一件のみの借入に書き換えられます。

借入件数が少なくなるということは、もしも新たにローンの契約を行う際、合否判定で有利になることもあります。

おまとめローンを利用するデメリット

それでは次に、デメリットについても紹介しておきましょう。ローンをまとめることでのデメリットはあるのでしょうか。

  • 信用情報に事故情報があると利用できない可能性がある
  • 借入金額が少ないと金利に変化がない・または高くなることがある
  • 追加の借入ができなくなることがある
  • 使い道に制限がある
  • ブラックの方はおまとめローンの契約はできない

個人信用情報に傷があると契約できないかも

おまとめローンの審査を受ける際に、個人の信用情報に事故情報(キズ)があると審査に通らず、利用できないことがあります。

個人信用情報に事故情報がある、とはいわゆる「ブラックリストに載っている」と言う状態です。

具体的には、返済を何度も延滞した、長期間(およそ2ヶ月から3ヶ月以上)に渡って返済を行わなかった、借入額が多すぎる、または一度に何社もの金融機関に申し込みをして断られた、など様々な原因があります。

個人信用情報の事故記録は、永久に保存されているものではなく、ある程度の時間が経てば自動的に書き換えられます。

支払いの遅延などの経験のある方は、申し込みは一旦見送り、半年間から1年間程度は延滞なく返済を行うなどして、事故記録が書き換えられてから再度申し込みをすることをおすすめします。

借入額が少額ならまとめず完済がおすすめ

まとめる借入金額が少なすぎると金利が下がらなかったり、金融機関によっては逆に上がってしまったり、返済額に変化がなかったりすることもあります。

すべてのローンをまとめても数万円以下の場合は、まとめずに別個で完済を目指す方が良いかもしれません。

追加で借入したい方は契約の際に要確認!


おまとめローンは返済専用の商品であることも多いため、おまとめローンを利用すると追加で借入ができなくなることもあります。

これは金融機関にもよるので「おまとめローンを利用するけど、まだ借りる予定がある」という場合は特に、利用する金融機関の規定をよく確認しておきましょう。

逆に「これ以上どこからも借りない、おまとめローンで返済だけ行いたい」という場合は、ローン審査の際にその旨を伝えると、審査に有利になる場合もあります。

おまとめローンは何にでも使えるわけではない

おまとめローンは通常のローンとは違い、借金をまとめて返済専用とする使い方が多い商品です。このため、何にでも利用できる、何度も借りられるというわけではありません。

金融機関によっては、おまとめローンを利用していても新たに借入できることもありますが、ほとんどの場合は「返済専用である」と捉えておいた方が良いでしょう。

もしおまとめローンの利用中に新たな借入をしたい場合、他社で借りられることもあります。

ですがこの場合、総量規制の対象となるため、借入額が年収の1/3以下に減っていなければ新たな借入は難しいでしょう。

最初からブラックの方は審査に通らない

「自分はブラックリストに絶対載っている」とあらかじめわかっている場合、おまとめローンの審査にはおそらく通らないので、ブラックの状態が改善されてから申し込みをしましょう。

ブラックリストに載っている、とは先ほども紹介したように「個人信用情報に事故記録がある」ということですが、返済の遅延、延滞の他、債務整理や自己破産の経験がある場合も、もちろん該当します。

返済の遅延や延滞の場合、その情報は最長で5年間は残っています。自己破産や債務整理だと10年間残っている場合もあります。

事故記録は個人信用情報になるべく残さないよう、毎月延滞なく支払いをするようにしましょう。

絶対通りたい!おまとめローンの審査に落ちてしまう原因とは?

「おまとめローンを絶対利用したい、けど審査に落ちてしまったら嫌だな」という不安を抱えている方は多いと思います。

それでは、どのような場合にローンの審査に落ちてしまうことが多いのでしょうか?

  • 返済の延滞が多い
  • 借入件数(4社以上)や借入額が大きすぎる
  • 借入額に対して年収が低すぎる
  • 申し込み書類の不備(虚偽の申告など)
  • 一度に複数のおまとめローンに申し込んでいる
  • 勤務先の収入が不安定
  • 勤続年数が短い
  • 賃貸物件に住んでいる

これらの項目に当てはまる場合、審査に落ちてしまう可能性があります。審査の前に一度確認してみてくださいね。

返済の遅延や返済能力を上回る借入額は審査落ちの危険大!


おまとめローンではなく普通のローンを申し込む際にも一番大事なことですが、返済の延滞や遅延といった「返済が滞っている」状態は最も審査に落ちやすい原因の一つです。

審査では「この人は借りたものをきちんと返す能力があるか?」ということを特によく調べてから合否を出します。

このため、先ほども紹介しましたが、返済を遅延したことのある方は遅延をした後、半年から1年間程度は遅延なく順調に返済した後、再度申し込むなど、信用情報がある程度書き換えられてからの利用をおすすめします。

借入件数が多すぎる場合や、借入額が大きすぎて個人の返済能力を明らかに上回ってしまっている場合も、審査に落ちてしまうことがあります。

このような場合も、あらかじめ返済を済ませて借入額を減らしたり、何社か解約して借入件数を減らすなどし、再度申し込みを行いましょう。

書類の不備や一度に複数のローンの申し込みにも要注意

申し込みの際に審査落ちしてしまう原因として意外と多いのが「書類の不備」です。書類の不備とは、年収や勤続年数の虚偽の申告や、単に書き間違えなどが挙げられます。

年収は高いほど、勤続年数は短いより長いほど審査に有利となることが多いため、ついつい嘘の申告をしてしまう方もいらっしゃるのですが…

嘘の申告をしても、審査の申し込みの際に金融機関が行っている個人信用情報への照会ですぐにバレてしまいますので、申し込み書類で嘘の申告は絶対にしないようにしましょう。

また氏名や住所など単純な書き間違えにも気をつけましょう。誤った情報の書類を提出すると、調査のため審査に時間がかかってしまったり、審査落ちの原因となってしまいます。

その他、一度に複数社のおまとめローンに申し込むのは絶対にやめましょう。「一度に複数申し込めば時間の節約になる」という考えで申し込みをしてしまう方も多いのですが…

このようなことをすると審査する側では「この人はこんなにたくさん申し込んで、余程お金がないのでは?」と思われ審査に落ちてしまうことがあるからです。

最後に、勤務先や勤続年数、年収、住居などはすぐに変えられるものではありませんが、勤務先は水商売などの収入が不安定なものより公務員などの安定した収入の方が審査には有利である場合が多いです。

また勤続年数は1年未満よりは10年以上あった方が良いです。しかしながら、とりあえずは返済を遅延せず、順調に返済していれば審査に通ることもあります。自分の返済状況をよく確認して審査に申し込んでみましょう。

おまとめローンでローンをまとめて便利に利用しよう

おまとめローンで複数のローンをまとめると、返済日がまとまる、利息の節約になる、金利が下がるなど多くのメリットがあります。

その一方で、借入額が少なすぎるとまとめても金利に変化がなかったり、金融機関によっては追加の借入ができなくなるなどのデメリットも挙げられます。

「おまとめローンの利用を検討してみたい」という方は、いつも利用している金融機関の窓口などで一度相談してみると良いでしょう。その際は以下のようなことを相談してみましょう。

  • 自分の現在の借入件数・借入額で利用できるか
  • おまとめローンを利用した際の毎月の返済額
  • 利息はどれくらい節約できるか
  • 追加の融資を希望する場合は可能であるか
  • おまとめローンで返済だけを行いたい、など

借りたお金は必ず返さなくてはなりませんが、返し方は一気に返す方もいれば、長くゆっくりと返す方など様々です。ぜひ自分が返済をしやすい方法を見つけて、便利に利用しましょう。

閉じる
閉じる