カードローンは自営業の味方!資金調達向きのおすすめ商品紹介

自営業の皆さん、経営が不安定でさまざまな支払いに困ったことはありませんか。そのようなときには、カードローンでお金を借りるという方法があります。

カードローンは収入が安定している会社員などが利用するものと思っているかもしれませんが、自営業や個人事業主、フリーランスの方々も申し込みが可能です。

自営業で即日融資を受けたい!個人事業主・フリーランスもOKの方法は?

まずは、自営業や個人事業主が融資を受ける方法をいくつかピックアップしました。

それぞれメリットやデメリットを比較してみましょう。

事業資金を借りるには厳しい審査や条件をクリアする必要あり

自営業の場合、お金を借りる主な目的は事業資金だと思います。事業資金は、いくつかの機関から融資を受けることが可能です。

  • 日本政策金融公庫(政府系金融機関)
  • 銀行
  • 信用金庫
  • 地方自治体の補助金や助成金

政府系の金融機関は金利が低く、返済期間が長いというメリットがありますし、信用金庫は中小企業や個人事業主に広く融資を行っているので、相談がしやすいです。

また、補助金や助成金といった名目であれば返済の必要がないものもあり、こうして見ると選択肢が多くとても便利なように感じます。

ただし、実際に融資を受けるにあたっては決算書など多くの書類が必要であり、審査にも時間がかかることが多いです。

一方、補助金などは使用目的が限られているなど、申し込むために細かい条件に該当しなければならないというケースも少なくありません。

融資を受け付けている機関はたくさんありますが、実際に融資を受けるには簡単とは言いがたいのが現実です。

個人事業主やフリーランスの方が上記の機関に融資を申し込む場合、開業届を提出していることも必要です。

自営業には消費者金融のカードローンがおすすめ!銀行との違いも

個人事業主を含む自営業の方がお金を借りるなら、消費者金融のカードローンが一番おすすめです。

最短で即日融資に対応しており、ATMや自動契約機で簡単にお金を受け取ることができます。また、申し込みの際の提出書類も比較的少なく済みます。

カードローンは銀行のものもありますが、消費者金融より審査が厳しいため年収が低い人や、赤字決算の自営業者にはあまりおすすめできません。

加えて、審査に数日かかることが多いので、急いでいる人には向かないでしょう。

そして銀行カードローンは、実は事業資金を目的にお金を借りることができません。これが銀行より消費者金融のカードローンをおすすめする最大の理由です。

その点、消費者金融は資金用途が自由だったり、自営業者に限り事業資金としての融資を可としていたりするカードローンが多いです。

自営業の方も事業資金だけではなく、生活費など他の用途でお金が必要になることがあって当然です。利用するならば、用途を問わず借りることができたほうが良いと思いませんか。

さらに申し込みから融資までの時間も速いとなると、消費者金融を選ばない理由はないといっても過言ではないのです。

消費者金融には総重量制対象外のビジネスローンがある

消費者金融では、フリーキャッシングの他にビジネスローンという自営業者向けのサービスを提供している会社があります。

フリーキャッシングには法律で総重量制が適用され、年収の3分の1までの金額しか借りられないことになっているのですが、ビジネスローンは総重量制の対象外となります。

事業資金として年収の3分の1を超える額のお金が必要になった場合は、ビジネスローンの利用がおすすめです。

審査結果によっては、ビジネスローンであっても年収の3分の1以上の金額を借りられないことがあります。

個人事業主・フリーランス必見!即日融資を目指す審査のポイント

カードローンの申し込みや審査には、なるべく手間をかけたくないものです。自営業や個人事業主の場合、審査の際に必要な書類が会社員と少し異なります。

審査を最低限の時間で済ませられるよう、前もって対策をしておきましょう。

個人事業主は「開業から2年以上」が安定収入の目安

自営業や個人事業主は、開業から2年以上たっていれば収入が安定しているとみなされます。

仮に開業後1年間が黒字だったとしても、収入が不安定になりやすい自営業は2年目も同じように経営できるとは言い切れないからです。

ちなみに会社員やアルバイトの人がカードローンに申し込む際も、勤続年数が長いほうが審査で有利になるので、自営業も1つの事業が長く続いているほど信用度が上がります。

では、開業して日が浅い人は審査に通らないのでしょうか。

例えば、借りられる金額が希望した額より少ないなどといったことはあるかもしれませんが、現在の状況を正直に申告し、返済能力があることを示せれば審査に通ることも可能です。

そのためにできることを、次の項から説明していきます。

必要になりそうな書類は最初に全て揃える

自営業者は収入の安定性を証明することが難しいため、会社員よりも提出書類が多くなります。

特に提出書類が多いのはビジネスローンで、たいてい次の書類が必要になります。

  • 本人確認書類(免許証など)
  • 収入証明書
  • 事業実態疎明書類

収入証明書は、確定申告書の写しを提出するのが一番確実です。もし、開業したばかりで確定申告をしていない場合は、次の書類を提出しましょう。

  • 納税証明書
  • 所得証明書
  • 住民税決定通知書 等

事業実態疎明書類とは、実際に事業が行われていることを示すもので、受発注書や納品書、事業用口座の入出金明細などがこれに該当します。

ちなみにフリーキャッシングに申し込む場合は、本人確認書類に加えて「提出を求められた場合のみ」収入証明書が必要とされています。

しかし、自営業者はフリーキャッシング・ビジネスローンのどちらに申し込むとしても、同じ書類を用意しておくことをおすすめします。

そのほうが審査をスムーズに進めてもらえるのはもちろんですが、最初から事業の実態を細かく申告することで誠実性があるという印象を与えることができるからです。

借入希望額を少なくすれば収入証明書が提出不要に

先ほどと矛盾するようですが、例えば急いでいて書類を揃えるのが面倒なときには、借入希望額を必要最低限の金額にして提出書類を減らすのも一つの方法です。

一部の消費者金融では、次の二点に該当する場合は収入証明書の提出が不要になります。

  • 借入希望額が50万円以下
  • 他社との借入金額合計が100万円以下

借入希望額が50万円以下なら、金融事故につながる可能性が低いとして年収などを厳しく確認されないのです。

カードローンは、一度審査に通れば何度でも利用できますし、きちんと返済を行っていけば借入金を増額できる可能性もあります。

必要な金額を一度に借りようとせず、何度かに分けて借りる方法も考えてみてはいかがでしょうか。

在籍確認の電話は固定電話で信用度アップ

カードローンの申し込みで、多くの人が悩むのが在籍確認です。勤務先に電話がかかってくるため、上司や同僚にカードローンの利用を知られてしまうことが懸念されます。

しかし、自営業の場合は自分の家や携帯に電話がかかってくることになるので、あまり負担に感じることはないでしょう。

ちなみに、連絡先は携帯電話より固定電話にすると信用度が上がると言われています。

可能な場合は、ぜひ固定電話を連絡先にしてみてください。

また、起業したばかりの人は今後のために固定電話を持つことを考えてみてもいいかもしれません。

閉じる
閉じる